« 反戦 | トップページ | 桜、雪 »

2010年5月11日 (火)

おろおろと

2010.5.10付 朝日歌壇より
おろおろと寒さの春を歩みたり地より湧きくる縞蛇・百足:(名古屋市)諏訪兼位
 高野公彦 評:今年の春は寒い日が続いた。それでも地下から出てくる生物を詠んだのが第一首。上句は宮沢賢治の「サムサノナツハオロオロアルキ」のもじり。

長いもの、をピックアップなさいましたな、諏訪先生。
短いのもわき出しましたよ。いろいろな昆虫たち。
寒いときはそっと隠れ、陽がさせばわぁっと這い出して来て、にぎやかなことです。
字余りになりますが、「縞蛇・百足」のあとに「むしむし」とつけて読みたいかかしです。

« 反戦 | トップページ | 桜、雪 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おろおろと:

« 反戦 | トップページ | 桜、雪 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ