« お散歩かかし10:ガザニア | トップページ | お散歩かかし12:藤(壱) »

2010年5月10日 (月)

お散歩かかし11:ジャスミン

0501m12jasmine1 5月1日
ジャスミンを咲かせているお家を2,3軒みかけました。

ジャスミン【jasmine・耶悉茗・素馨】
(もとペルシア語。アラビア語を経てヨーロッパに入る。「耶悉茗」は中国語音訳)
①モクセイ科ジャスミナム(ソケイ)属の植物200種以上の総称。熱帯・亜熱帯に産する。葉は複葉。黄・白などの筒状花を開き、特有の佳香がある。オウバイ・ソケイ・マツリカなどが普通。観賞用に栽
培。
②ジャスミンの花から採った精油。リナロールなどを含み、芳香が強い。

強い香りがしました。
0501m12jasmine2
このようすだと、当分このあたりでは香りが漂い続けますね。

まつり‐か【茉莉花】モクセイ科の常緑小低木。インド原産の香料植物。ジャスミンの一種。葉は楕円形。夏の夕、白色・盆形で芳香の高い五弁花を開く。温室で栽培。中国では南部で栽培し、乾花を茶に入れ、ジャスミン茶とす
る。茉莉。毛輪花。<季語:夏>

ほんのり薫る分には好きですが、強すぎるのは苦手。
香りのお茶も苦手。

よい香りは、とおくから鑑賞したいと思う、かかしです。
(お化粧の濃い女性が乗ったあとのエレベーターからは退散したくなるかかしでもあります。)

« お散歩かかし10:ガザニア | トップページ | お散歩かかし12:藤(壱) »

植物」カテゴリの記事

コメント

ジャスミンは身近になかったのでどういう香りか分かりません。モクセイ科なのでキンモクセイの香りに似ているのでしょうか。強いのは私も苦手です。毎朝一番にお店に来てくださるお姉さんの香水が強烈で息が出来ない私です(泣)。

 ジャスミンの精油のかおりは、急に立ち上がるタイプの香りではなく、持続性のある香りなので、香水などで多用されているはずです。きっと嗅いだことがありますよ。
 芳香も強すぎれば辛いし、悪臭といわれるものも、ほんのわずかだと芳香を強めたりもします。嗅覚というものは不思議なものです。
 実はジャスミンの花の匂いには、スカトールという動物の糞臭もわずかに混じっていて、芳香を強めているのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お散歩かかし11:ジャスミン:

« お散歩かかし10:ガザニア | トップページ | お散歩かかし12:藤(壱) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ