« 方言 | トップページ | ごきぶり »

2010年5月19日 (水)

お茶

2020.5.17付 朝日歌壇より
愛してるなどとは言ってくれないが飲みたい時にお茶が出てくる:(東京都)福田豊
 永田和宏 評:いいなあこんな夫婦はと思わせる一首。妻は夫の生態を知り尽くしている!

まあ、別に、いいんですけれど。
私は、自分の飲み物は自分で淹れる、という主義を職場でも家庭でも貫いてきました。
ですから、我が家では、お茶は出てきません。
職場も、学校というところは、結構その点は住みやすいのでして、誰かがお茶を淹れてくれるなどということはないのです。自分が飲みたければ自分で淹れる、という生活で気楽に仕事ができました。
自分が飲みたいものを、自分が飲みたいような味で、自分が飲みたい時に淹れる、これが一番の楽しみでしょう。

« 方言 | トップページ | ごきぶり »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お茶:

« 方言 | トップページ | ごきぶり »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ