« コクロヒメテントウ幼虫 | トップページ | アブラバチ:1 »

2010年5月28日 (金)

ササグモ

0517_5sasagumo 5月17日
ササグモがアブラムシを捕獲して食べていました。
クモは消化液を注入して、外部で消化されたものを吸い取る、ということに妙に気持ち悪さを覚える方がいらっしゃるのですが、動物は餌を「体内」に取り込んだりはしないのですよ。必ず体の外部で消化して、アミノ酸や脂肪酸やグルコースや、そういう物質のパーツにしてから体内に吸収するんです。
じゃあ、ヒトは?
ヒトもです。
食道・胃・腸と続く消化管は、体外と通じた管ですね。ですから、消化管内というは、体にとって外部空間なのです。そこへ消化酵素を分泌して、消化管内という外部空間でパーツにばらしてから吸収するのです。
他の動植物の成分がそのまま体内に入ったら大変です。そうなったら異物を認識して排除する免疫システムが出動しなけりゃならない。

ね、みんな同じ。クモの食事も、ヒトの食事も、同じ原理なのです。

« コクロヒメテントウ幼虫 | トップページ | アブラバチ:1 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ササグモ:

« コクロヒメテントウ幼虫 | トップページ | アブラバチ:1 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ