« 百舌の巣 | トップページ | 青大将 »

2010年5月25日 (火)

類従

2010.5.24付 朝日歌壇より
類従の和歌の零本(れいほん)手に入りぬ古書見る度に思う保己一(ほきいち):(京都市)杉村卓二
 佐佐木幸綱 評:「類従」は塙保己一編集の群書類従。「零本」は端本のこと。

歌壇の読者なら塙保己一の解説は不要ですね。
ただ、「古書見る度に思う保己一」というのは、何を思うのかな、なのですが。
やはり、視覚障害者であって、音読を聞いて全てを暗記して、そこから群書類従などが生みだされていった、という想像を絶する能力のことでしょうか。
身の周りに積み上げた万巻の書をひっくり返して読みながら作ったわけじゃない。全部頭に納めてあったというすごさ。
そこかなぁ。

「目あきというのは不自由なものじゃ」

« 百舌の巣 | トップページ | 青大将 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 類従:

« 百舌の巣 | トップページ | 青大将 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ