« 立夏 | トップページ | よく鳴く »

2010年5月25日 (火)

たけのこ

2010.5.24付 朝日俳壇より
たけのこは伸びてゆくぞといふ容(かたち):(大阪市)田淵勲彦
 金子兜太 評:たけのこを生きものとして掴めばこうなる。

どうもなぁ、今回金子先生にからんじゃってるなぁ。
「たけのこ」は「いきもの」以外の何物でもないですよ。
私の目には、植物も動物も、実は細菌なども、すべて「いきもの」としてうつる。

「いきもの」には生きる意志がある。当然です。

「伸びる」という意志の具現ですよね。
それは橋ではなく、塔です。
向こう側を目指すのではなく、ひたすら空(くう)をめざす意志です。
激しいものです。

東京では、634mを目指す東京スカイツリーが建設中です。
なぜか、人工物なのに、思い入れしてしまう。
みんな、なんだか感動してしまう。
おそらくは、ただひたすらに「伸びる」という意志を体現しているからでしょう。
感情移入してしまうのです。その意志に接して。

« 立夏 | トップページ | よく鳴く »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たけのこ:

« 立夏 | トップページ | よく鳴く »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ