« 産湯 | トップページ | 柏餅 »

2010年5月25日 (火)

蟻地獄

2010.5.24付 朝日俳壇より
蟻地獄コンビナートの如並ぶ:(茂原市)鈴木ことぶき
 長谷川櫂 評:蟻地獄とコンビナート。小と大、古と新、互いにかけ離れたものだが、そうした違いを一気に跳び越えて、どこか似通ったところがある。そこをとらえた。

「どこか似通ったところがある」といったって、そりゃ「まるいこと」ですよ。
ちょっと過剰な読み込みだな。
蟻地獄はすり鉢状の穴。石油コンビナートは巨大な円筒群。

蟻地獄のまるい形が並んでいるのを見て、コンビナートの円筒群にみたてた。その「見立て」がこの句の眼目でしょう。

« 産湯 | トップページ | 柏餅 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟻地獄:

« 産湯 | トップページ | 柏餅 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ