« 青大将 | トップページ | 補聴器 »

2010年5月25日 (火)

うつつ

2010.5.24付 朝日歌壇より
いつまでもみつめあふときうつしゑとうつしみにしてうごかぬうつつ:(大分市)岩永知子
 高野公彦 評:愛する人の遺影を見つめる現世の自分。彼岸と此岸の隔たりを悲しむ歌である。

「写し絵」「現し身」「現(実)」
ひらがなで表現されて、意味が濃くなりました。

あなたは写真の中で年をとらなくなってしまったのね。
あなたの年を越してしまいました。
昔、由紀さおりさんの歌で確か「結婚記念日」というしっとりしたよい歌がありました。

« 青大将 | トップページ | 補聴器 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うつつ:

« 青大将 | トップページ | 補聴器 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ