« 水輪 | トップページ | たんぽぽ »

2010年5月12日 (水)

2010.5.10付 朝日俳壇より
幸福の王子さがして燕来る:(市川市)鳥居秀雄

幸福の王子という話は、素敵な話なのですが、読んでいてつらい。
燕はそこまで献身しなければなりませんか?
つらくってねぇ。読み続けられないんですよ。

話をお忘れでしたら下のpdfどうぞ。
http://www.hyuki.com/trans/prince.pdf

◆はぁ。読んでいてつらくなる話はいろいろありましてね。

「ごんぎつね」 なんで心は伝わらないのだろう?悲し過ぎる。

「かたあしだちょうのエルフ」 読み聞かせていると、辛くて読み続けられなくなりそうだったな。

娘は「花咲じじい」が嫌いでしたね。なんで、シロは殺されなければならないの?理不尽過ぎて受け入れられなかったようです。

« 水輪 | トップページ | たんぽぽ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 水輪 | トップページ | たんぽぽ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ