« 軍鶏 | トップページ | 水輪 »

2010年5月12日 (水)

鼓草

2010.5.10付 朝日歌壇より
園庭に蝶を舞わせる鼓草(つづみそう)たんぽぽぽぽんぽぽんとひらく:(大分市)岩永知子

つづみ‐ぐさ【鼓草】タンポポの異称。[広辞苑第五版]

知らなかった。タンポポの異称ですか。
鼓の音からの連想とか、茎を切って両端を切り開くと反り返って鼓のような姿になる、とかいろいろの説があるようですね。
http://www.ctb.ne.jp/~imeirou/soumoku/s/tanpopo.html
ここに、いろいろな語源説の紹介がありました。

上掲の歌は、鼓の音への連想をつかっているのですね。

私が声に出して読んだ気分としては、下句の先に来る「ぽ」の連続を、4から5に増やした方が、字余りにはなるのですが、音のリズム感がよいと、思いました。

たんぽぽ
ぽぽぽん
ぽぽんと
ひらく

« 軍鶏 | トップページ | 水輪 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼓草:

« 軍鶏 | トップページ | 水輪 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ