« アジサイ | トップページ | メスジロハエトリ♂ »

2010年5月31日 (月)

ヤモリ

0521h_6yamori1 5月21日
白山神社の「女坂」の入り口。
歩道と境内の落差は1.5mくらいですので、女坂ともいえないのですが、自転車や乳母車などでの出入りには必須の坂。その坂の入り口のコンクリートの柵の横手。
結構、まぎれていました。
ヤモリは好きですね。我が家ではみんなヤモちゃんと呼んでおります。
0521h_6yamori2
瞳が丸くないですね。亀(ミシシッピアカミミガメ)と同じような瞳だ。
眼の後方、顎の近くの膜の張った穴は耳でしょう。

大人のヤモリしか知らないとちょっと敬遠する方も多いと思いますが、卵からかえったばかりのヤモリというのは、かわいい、の一言ですよ。子ヤモリとの出会いからヤモリとのつきあいが始まるとハッピーですね。

« アジサイ | トップページ | メスジロハエトリ♂ »

動物」カテゴリの記事

コメント

実家も今住んでいる所もかなり田舎なのですが、まだ一度もヤモちゃんに遇ったことがありません。どういう所に居るのでしょうね。子供の頃廊下のガラス戸の上を大きな青大将が這っていたのはよく覚えています、ビックリしました!

 ちょっとお恥ずかしいのですが、天井裏に住んでいることは確かです。押し入れの奥の隅で卵を見つけたこともあります。親の体の大きさからすると結構大きな卵です。
 室内も歩いていますが、屋外と自由に行き来しているようです。夜、玄関灯や室内の灯りの漏れるところに来て集まる虫などを食べますのでそんなんところにもよくいます。ダイニングの窓の外側をヤモちゃんが歩いているのを猫たちがみつけると、なんだなんだ、と騒ぎます。
 室内に出てくると、猫にやられてしまいますから、すぐ掌の内側に包み込んで外に放してやっています。

天井裏に住んでいる、とお聞きして思い出しました。そうですよね、ヤモリは家に住みつくのでした。「家守」とも書くそうですよ。ヤモリが住んでいる家は縁起が良いそうです。良いことは信じましょう(^^;
実家では家の中までヘビが出没していましたからヤモちゃんが住みつくわけありませんね・・。

アオダイショウもネズミをとるせいでしょうか、昔は歓迎されましたね。色素の抜けたシロヘビは神様扱いだし。結構いろいろ平気で一緒に住んだものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤモリ:

« アジサイ | トップページ | メスジロハエトリ♂ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ