« 燕 | トップページ | ヒメマルカツオブシムシ »

2010年5月12日 (水)

たんぽぽ

2010.5.10付 朝日俳壇より
ロシアまでたんぽぽ飛んでゆく岬:(横浜市)犬山達四郎

安西冬衛の
 てふてふが1匹韃靼海峡を渡って行った

を思い出していました。
海を渡る、という意志は、「橋」なのか「塔」なのか。
向こう側、というものを目指しているのか
向こう側の存在などどうでもよくて、ただひたすら「向かう」のか。

« 燕 | トップページ | ヒメマルカツオブシムシ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たんぽぽ:

« 燕 | トップページ | ヒメマルカツオブシムシ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ