« 桜 | トップページ | 白木蓮 »

2010年4月20日 (火)

花屑

2010.4.19付 朝日俳壇より
掬ひたる花屑水のごとこぼれ:(熊本市)内藤悦子
 稲畑汀子 評:落花が浮いている水面を掬うと水の様に零れた妙。

評に異議あり。
水面に浮かぶ花びらではないのではありませんか。
地面にふんわりと積もった花びらを、両の掌に掬いあげた。花びらのやわらかい絹のような感触、掌を傾ければあたかも水が流れ落ちるが如くにはらはらと溢れ落ちてゆく。
そういうシーンだと、私は思います。

« 桜 | トップページ | 白木蓮 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花屑:

« 桜 | トップページ | 白木蓮 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ