« チューリップ:2 | トップページ | 明け渡す »

2010年4月 6日 (火)

どんぐり

2010.4.5付 朝日歌壇より
りすたちも食べきれなかったどんぐりがふきのとうの間でパカッと芽を出す:(アメリカ)久下朋子
 馬場あき子 評:どんぐりの芽吹きの様子、「パカッと」の擬態語に自ずと驚きが籠っている。

リスが冬期の保存食としてドングリを埋めておくというのはよく聞きます。そして、食べきれなかったというよりは、どこに埋めたか忘れてしまった、というドングリが発芽します。
これは、ドングリの側の繁殖戦略でもあるわけで、リスに運んでもらって生息域を広げていこうということです。

「パカッと」という表現が「発見」なんですね。思いついてみれば、まことに適切な表現ですが、なかなかにすらっと出てくる表現ではないですね。


« チューリップ:2 | トップページ | 明け渡す »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんぐり:

« チューリップ:2 | トップページ | 明け渡す »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ