« 春 | トップページ | 颯爽と »

2010年4月27日 (火)

花人

2010.4.26付 朝日俳壇より
追ひ越してゆく花人のなかりけり:(丸亀市)逢坂美智子
 稲畑汀子 評:花見の雑踏の中にあって、流れに乗るように歩く花人たち。先を急いで追い越していく人などいないのであろう。花見の雰囲気が描けた。

みんながゆったりと楽しみながら歩いている、という豊かな状況ではあります。

ただ、障害者などからすると、まだ怖い。
大阪の「通り抜け」ですか、あれは、一般公開の前に、車いすの人などを別に招待して公開しているようですね。よいことです。

いくらゆったりしていても、大勢の人が「流れ」ていくというのは、歩行機能損傷の私や、車いすの人には怖いのです。
人の流れを外してゆっくり歩きたい。追い越してくれたら楽なのになぁ、と、よく思うんですよ。追い越さずに、後ろを歩かれるというのは、かなり精神的に辛いものなのです。
むしろ、きがねなく、追い越して行ってくれる方がよいのです。
追い越すされる相手に心理的な負担を全くかけずに、追い越すということができますか?
それができるようになったら、歩行の達人ですね。
追い越されたい人は追い越してあげるのも、また、大切なことと、御心得ください。

« 春 | トップページ | 颯爽と »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花人:

« 春 | トップページ | 颯爽と »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ