« スミレ | トップページ | ナガミヒナゲシ »

2010年4月12日 (月)

シャガ

0331shaga
↑3月31日

↓4月1日
0401shaga

記事を書いている今日12日もいっぱい咲いていますよ。
結構長い期間楽しませてくれます。
シャガは種ができません。ゲノムの構成が3倍体で、生殖細胞がうまくできないんですね。
ですから、日本中のシャガは基本的にはクローンで、人為的に分布を広げたものだと言われます。
2倍体の植物体があれば種子ができ、遺伝子構成が変化して、花にバリエーションが生じるはずなのですが。

そういう意味では、生物として、ちょっと寂しい花といえるかもしれません。
秋に咲く、キンモクセイも雄の木ばかりで実はならず、日本中クローンだということは知られていると思いますが。

« スミレ | トップページ | ナガミヒナゲシ »

植物」カテゴリの記事

コメント

ほんと無知なのでヘンなことを聞いてしまいますが、種が無い、というのはどんなふうにして増えていくのですか?キンモクセイは木なので挿木かなぁ、と考えましたがシャガは植物ですし分かりません。

ヒガンバナも基本的は種はできませんが球根で増えますね。
シャガの場合は、地下茎を伸ばして、その先から芽を出して新たな植物体となるようです。
自然では、群落をなして広がるだけでしょうが、人為が加わると、掘り起こして持って行って植える、という広がり方をしたのでしょう。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャガ:

« スミレ | トップページ | ナガミヒナゲシ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ