« 歩道橋 | トップページ | ぜんまい »

2010年4月13日 (火)

花散りて

2010.4.11付 朝日俳壇より
花散りて花びら帰るところなし:(四日市市)小井寒九郎
 長谷川櫂 評:路上を漂う花びらを見ての詠だろう。まこと帰るところがない。

そうですね。時間は逆向きにはならない。散った花びらが「帰る」ことはない。
しかし、帰るところはなくても、「還る」ところはあるのですよ。

地球に生きる生物同士、すべて、やがて地球に還るのです。
花が散るということは、花びらがその役割を終えて、土に還る姿です。

すべての生き物は、土に還り、地球に還り、再び生命をつくる。
私たちは循環しているのです。
一方通行ではないのです。
回帰するながれ、それがいのちです。

« 歩道橋 | トップページ | ぜんまい »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花散りて:

« 歩道橋 | トップページ | ぜんまい »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ