« ナガミヒナゲシ | トップページ | 眠つてよいか »

2010年4月13日 (火)

来年もまた

2010.4.9付 朝日川柳より
手に花びら来年もまた逢えるやら:神戸市 安東弘恵

これは俳句ですね。

定期預金の満期がきました。
新たに契約し直したのですが、向こうは「10年」というような長さを口にする。
こちらは10年後には70を超えてしまっている。
とてもじゃないが、10年先を読むことなどできはしない。
途中解約の可能性をきちんと確認して、契約しました。

今のところ、「来年」はあるような気がする。でも、気がするだけかも。

年を重ねるということはそういうことですね。

« ナガミヒナゲシ | トップページ | 眠つてよいか »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年もまた:

« ナガミヒナゲシ | トップページ | 眠つてよいか »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ