« 禁煙 | トップページ | くさめ »

2010年4月 7日 (水)

春の闇

2010.4.5付 朝日俳壇より
匙を手に春の闇を喰べる人:(市川市)井上三七
 金子兜太 評:濃く生暖かい春の闇。それを睨んで大匙で食べている一人の男。生臭く独特の存在感。

闇を睨んで食べる人、という「具体」ですか。
私は、ちょっと心象風景というか「抽象」というか
こってりした春の闇を、姿も見えない闇の中の男が、温めたスプーンでアイスクリームをすくい取るが如くに、すくい取っては呑み込んでいる。
そんな怪しさを春の闇に見てとっているのではないか、と。
その方が生臭いです。

« 禁煙 | トップページ | くさめ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の闇:

« 禁煙 | トップページ | くさめ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ