« 引っ越し | トップページ | 膏薬 »

2010年4月27日 (火)

紋白てふてふ

2010.4.26日付 朝日歌壇より
努力して紋白てふてふ卵うむなのはにひとつなのはにひとつ:(須崎市)森美沢

「てふてふ」ってなんだ?と子どもの頃思いましたっけね。なつかしい。

私個人の感想としては「うむ」を漢字で「産む」にしておいたほうが、そのあとの、ひらがな表現がより際立って、生き生きとしたのではないかと思っています。

アゲハやアオスジアゲハの卵はまん丸なんですが、モンシロチョウの卵は細長くて筋が入っているのです。これを初めて見たときは感激しましたね。
http://homepage3.nifty.com/ueyama/shubetsu/shirocho/monshiro/monshiro.html
ここに、モンシロチョウ関係の写真がたくさん載っていて、卵の写真もあります。興味のおありの方はご覧ください。

« 引っ越し | トップページ | 膏薬 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紋白てふてふ:

« 引っ越し | トップページ | 膏薬 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ