« 椿 | トップページ | 告知 »

2010年4月 7日 (水)

往復切符

2010.4.5付 朝日俳壇より
一枚の往復切符旅うらら:(市原市)鈴木南子
 稲畑汀子 評:春の旅らしい躍動感が伝わってくる。

春の陽気のよい日、ふと日常から抜け出して、電車を降りずにこのまま、ふらっと旅に出てしまいたい、というような「めまい感」ってありますね。
そんな旅なら、行く先なし、行って「戻る」という構えもなし。

「一枚の往復切符」をもって列車に乗っていらっしゃる。
しばらくの間、日常から切り離されて、気持ちを解き放って、そして「帰ってこよう」と思っていらっしゃる。
日常を踏み出す感覚(不安定感)と、日常につなぎとめられている感覚(安定感)の間に揺れて、その揺れを楽しまれていますね。

« 椿 | トップページ | 告知 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 往復切符:

« 椿 | トップページ | 告知 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ