« 眠つてよいか | トップページ | 牛 »

2010年4月13日 (火)

婚姻届

2010.4.11付 朝日歌壇より
桜花舞ふ中君と自転車で婚姻届を出しにゆく我:(京都市)橘幸子
 佐佐木幸綱 評:落花の中の自転車がいい。青春映画の一場面のようだ。

思い出してしまったんですよ。自分たちの若かった時代を。
私たち夫婦はこの4月で結婚38年になりましたからね。スゴイでしょ。
「時代の雰囲気・気分」みたいなものがあったなぁ。
家同士の結びつき、なんてのを蹴飛ばして、男女二人の対等な個人同士としての結婚、というような感じが強くあった。
私たちの場合は、二人で春日大社に詣でましたっけね。あは。

1972年には、はしだのりひことクライマックスの「花嫁」という歌がありましたね。
いろいろな係累を切り離して、一人で彼のもとへ行く女性。

小さな  カバンにつめた  花嫁衣装は
ふるさとの  丘に咲いてた  野菊の花束

1973年ですか、チェリッシュの「若草の髪飾り」。

あなたが髪に 結んでくれた
芽ばえたばかりの 草の髪飾り
・・・
ほんの普段着の ウェディングドレス
ベールの代わりの 若草の髪飾り

二人で出発するんだ、二人の人生の糸を二人で寄り合わせていくんだ、そんな、その時代の大人から見ればきっと、幼いような青臭いようなものに見えたであろう、「意志表明」がありました。
当時の青年であった、私たちは真剣だったんですが、ね。

「帰るところ」は、どんなに狭くてもおんぼろでも、二人の生活の拠点である場所しかない。
実家へ「帰る」とか里「帰り」などというものはない。実家へ「行く」のみだ。

青臭いでしょ。でも、そんな話をしたんですよ、実際。
なんだかなぁ、最近は復古調になってしまって、家やらなにやら、ぐちゃぐちゃ絡まっているみたい、式を「感動の物語」に仕立てようとやっきになっている。しらけております

まわりの大人なんかどうでもいいの、っ。
大事なのは二人。祝福いたしましょう。

« 眠つてよいか | トップページ | 牛 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 婚姻届:

« 眠つてよいか | トップページ | 牛 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ