« 栄転 | トップページ | 5の番号 »

2010年4月20日 (火)

靴の匂い

2010.4.19付 朝日歌壇より
快晴の火曜も雨の祝日も靴屋は靴の匂いしており:(名古屋市)杉大輔
 永田和宏 評:いつ行っても靴屋には靴の匂い。当たり前だが、改めて言われるとそこが面白い。火曜と祝日の取り合わせも妙。

かかし的には、靴屋に「行く」より、靴屋の前を「通りかかる」のような気がしています。
いつ通りかかっても、皮と香料などの混じった独特の匂いが鼻をくすぐる、と。

さて、「靴の匂い」と改めて言われると、さてどんな匂いだったっけなあ、と匂いの記憶を探ってしまいますね。その喚起力がこの歌のポイントかもしれません。

{ただ、「靴の匂い」という言葉には、脱いだ靴の臭さ、が同時にイメージされるところがあり、要注意。失礼しました。ごめんなさい。}

« 栄転 | トップページ | 5の番号 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靴の匂い:

« 栄転 | トップページ | 5の番号 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ