« 5の番号 | トップページ | 黙深き »

2010年4月20日 (火)

障子

2010.4.19付 朝日歌壇より
訪ねたる寺の親しも飼猫の出で入る障子のひと目を貼らず:(久慈市)三船武子

うれしいことですね。
どうでしょう、最初は貼ってあった障子を猫が破いたとか、破れていた障子の穴を猫が利用しているのを見た、とか、そういうことが始まりだったのではないかなぁ。
どうせなら、最初から貼らずにおくか、となったのでしょう。
(ワタシ、一応、障子貼りの技は保有しております。すごいかなぁ?)

ご存じかなぁ。物理学のニュートンさんが猫好きだったこと。で、部屋のドアの下には猫用の出入り口がついていました。

« 5の番号 | トップページ | 黙深き »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障子:

« 5の番号 | トップページ | 黙深き »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ