« 花散りて | トップページ | 虎の類 »

2010年4月13日 (火)

ぜんまい

2010.4.11付 朝日俳壇より
ぜんまいのくちびるを持ち蝶あはれ:(神戸市)鈴木四方也
 長谷川櫂 評:<蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな>という芥川龍之介の句はあるのだが、この句「くちびる」が肉感的。

どうも、私はすぐ理に落ちる。
チョウのゼンマイは「あご」から変化した「口器」です。
蚊の口器は血を吸う針、ハエの口器は舐める板、カマキリの口器は噛み砕く顎
みなそれぞれがその生き方として最適な形に進化させてきた体のあり方です。
虫好きの、蝶好きの私はどうも、こういう情感にはなじめない。あれ「肉感的」かなぁ。

« 花散りて | トップページ | 虎の類 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぜんまい:

« 花散りて | トップページ | 虎の類 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ