« 夜を連れ去る | トップページ | 地デジ »

2010年4月 6日 (火)

講師

2010.4.5付 朝日歌壇より
学生と間違へられてしまひけり講師としてはなほぎこちなく:(奈良市)杉田菜穂

去年の6月29日の朝日歌壇にこういう歌が載っておりました。

後ろから笑い声して黒板の数式が歪んでいるを知る:(奈良市)杉田菜穂
 佐佐木幸綱 評:数学の教師の歌。教室のざわめき、空気がビビッドに伝わってくる。
 永田和宏 評:新米教師だろうか教育実習だろうか。先生も生徒も明るく弾んでいる。

さて、どういうお仕事をなさっていらっしゃるのか。
想像するに、大学講師ですよね。数式は使うけれど数学の先生じゃないと思うな。

短歌・俳句と自在に表現手段を駆使なさる方です。
これからの作品が楽しみです。

« 夜を連れ去る | トップページ | 地デジ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

先生は同志社の講師です。

そうなんだ。同志社でしたか。数学の先生ではないだろう、という私のイマジネーションは当たってますか?
「みそじ」に入られたことは朝日俳壇で知っています。歌壇俳壇で、いろいろ想像して楽しんでいます。

僕は龍谷大学でお世話になったのですが、今年から同志社へ移られたようです。
龍谷では労働経済学を担当されていました。先生が俳人であることは句集で知りました。

経済学でしたか。そうなると数式がたくさん登場しますね。
この2年間ほどで、短歌が11回、俳句が7回ほど、朝日俳壇・歌壇に選ばれていらっしゃいます。
表出すべき内容が先にあって、形式を自在に使いこなして表現しておられるということですね。
句集を出されましたか。すごいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 講師:

« 夜を連れ去る | トップページ | 地デジ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ