« ハルジオン | トップページ | シラン »

2010年4月23日 (金)

ジュウニヒトエ

0409juunihitoe1 4月9日
ジュウニヒトエが咲き始めました。

じゅうに‐ひとえ【十二単】ジフ ヒトヘ
①女房装束の俗称。単ヒトエの上に袿ウチキを重ね、その上に唐衣カラギヌと裳モをつける服装。じゅうにのおん
ぞ。
②〔植〕シソ科の多年草。茎は方形で、背は低く、地面にはう。全株白毛を被る。4~5月頃、淡紫色の唇形花を多数穂状に集めて開き、その姿を に見たてての名。本州・四国の丘や野原に自生、日本の特産種。類縁種にツルカコソウ・カイジンドウがある。<季語:春>[広辞苑第五版]

0409juunihitoe2
やっぱりなぁ。シソ科なんだ。花の表情がホトケノザなんかと似てますね。
口を開いているような感じ。

これを十二単に見立てるというのもなかなかのものですね。
人形草とかでもよさそうな気がします。(ヒトガタソウじゃちょっと生々しいか。)
現在の総理大臣のニックネームにあやかれば、ウチュウジンソウとか、ウチュウフクソウもいいかなぁ。

« ハルジオン | トップページ | シラン »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュウニヒトエ:

« ハルジオン | トップページ | シラン »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ