« 朧 | トップページ | 桃の花 »

2010年4月28日 (水)

花筏

2010.4.26付 朝日俳壇より
花筏亀の甲羅に座礁せり:(藤沢市)久道陽吾
 大串章 評:「座礁せり」が亀の甲羅を大きく見せる。岩のような甲羅の上の花びらが美しい。

「甲羅の上の花びら」というのは、少し私としてはイメージが違う。
花びらが舞い落ちてきて亀の甲羅にも降りかかった、というシーンではないですよね。
花びらは水面に落ちて流れてきた。そこに、どのような状態でか亀がいた。甲羅が流れをせき止め、花びらがそこに集まりとどまっている。それが「座礁」というように思えるのです。
亀の甲羅が小さな堰になっているのではないですか?
と、そんな思いを抱きました。

« 朧 | トップページ | 桃の花 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花筏:

« 朧 | トップページ | 桃の花 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ