« 飛び石 | トップページ | カタバミの実 »

2010年4月13日 (火)

田舎

2010.4.11付 朝日歌壇より
のほほんとたましひ田舎に置き忘れ抜けがら都会に六十余年:(高槻市)門田照子
 高野公彦 評:離郷して都市に住む者の共通の嘆き。

ごめんなさい。自分の生活の根は「田舎」にあり、と六十余年思って生活なさいましたか?

わたくし、実家もふるさともありません。
具体的に、親の住んでいた家は借家でしたし、東京育ちですし。
意志として、今住むここが自分の根、と決意して生きてきました。

どうせ、どこで生き、どこで死んだって、地球上。大差ない。
私の墓標は地球です。

« 飛び石 | トップページ | カタバミの実 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田舎:

« 飛び石 | トップページ | カタバミの実 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ