« ナガサキアゲハ羽化Part4:振り返って | トップページ | 田の底の土 »

2010年4月27日 (火)

御柱

2010.4.26付 朝日歌壇より
この次は生きて居るかはわからんと言うも明るく御柱曳く:(飯田市)草田礼子
 永田和宏 評:諏訪大社の御柱祭は六年毎。土地の人にとり御柱は、人生時間を確認する物差しなのだろう。

土地の人にとって「まつり」とは大事なものでしょう。「日常=ケ」を脱して「非日常=ハレ」の世界に入る時間と言いうものは、おそらく、とてつもない愉悦なのだと思います。だからこそ、かなり頻繁に死者のでる御柱祭も続いている。

ただ、私個人の生き方としては、ハレを可能な限り拒否してきた。学校という所におけるハレといえば、色々な儀式があります。入学式、卒業式、始業式、終業式、修了式などなど。
もし私が私学の校長にでもなれたら(アリエナイ!!)、基本的にすべてのハレ=儀式をやめてしまうのだがな、などとも思うものです。

ハレの中で、興奮しハイになっている人を見ると、しらけてしまう私です。

祭は嫌いだ。
馬鹿な奴と笑ってやってください。

« ナガサキアゲハ羽化Part4:振り返って | トップページ | 田の底の土 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御柱:

« ナガサキアゲハ羽化Part4:振り返って | トップページ | 田の底の土 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ