« お散歩かかし:春分の次の日:Part2 | トップページ | ツマグロオオヨコバイ »

2010年3月22日 (月)

お散歩かかし:春分の次の日:Part3

0322dote 3月22日
土手にいっぱいの花。
形としてはムラサキハナナとして認識している、家のプランターや線路際に咲く花と同じなんですが。
草丈が違うんですねぇ。困った。
家のものは、草丈10cm程度で開花しています。
この多摩川の土手のものは、草丈30cmを超えるくらいあるんですよ。にょきにょき、という感じ。
花はほとんど同じにしか見えないのですが、これ、やっぱり違う種じゃないかなぁ。
ムラサキダイコンかな?
なんだろう?

0322sakura  3月22日
アサヒコムから
「気象庁は22日、東京で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より6日早く、昨年よりは1日遅いという。」
我が家の桜桃はもう花は過ぎましたが、これはソメイヨシノかな?保証は出来ませんが、多分。土手ではないのですが、ここに載せておきます。東京都大田区南部の桜です。

とうとう「季節」になりましたね。
次の日曜あたり、六郷用水から桜坂、きっと人出で大にぎわいになることでしょう。
(地元民としては少しうっとうしい。車で押し掛けてくる人もいて、買い物に行くのに迂回しなくちゃならないし。)

« お散歩かかし:春分の次の日:Part2 | トップページ | ツマグロオオヨコバイ »

植物」カテゴリの記事

コメント

草丈だけの違いなら、周りの環境とか栄養で違うってことありませんか?

オオバコだって、タンポポだって、生えてるところによってかなり大きさが違いますよね。

おっしゃるとおり、おそらく、同一種なのでしょう。私が揺れてしまうのは、名前の混乱も同時に抱えているからでしょう。
牧野富太郎の命名は「オオアラセイトウ(大紫羅欄花)」でこれが正式名だという記述があります。「雑草図鑑」という本では、「ショカツサイ(諸葛菜)」が見出しになっています。
その他、ムラサキハナナ(紫花菜)、シキンソウ(紫金草)、ハナダイコン、ムラサキダイコン、ムラサキナタネなど。
どれも同じものを指しているのか、それとも、何かの差があるのか、わからないままに、自信もなく、揺れ続けているわけです。

ああ、私は全部同じ物と思っていました。
みんな勝手な名前付けてるんだな~と

ウィキペディアにも同じように書いてますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お散歩かかし:春分の次の日:Part3:

« お散歩かかし:春分の次の日:Part2 | トップページ | ツマグロオオヨコバイ »

2023年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ