« 美貌 | トップページ | 猫の恋 »

2010年3月31日 (水)

溲瓶

2010.3.29付 朝日俳壇より
春や曙最晩年の溲瓶かな:(京都市)尾賀和正
 金子兜太 評:春暁悠々と排尿の人に長寿あり。

金子先生「しびん」に凝ってらっしゃいます。

男は全員、前立腺肥大。おしっこ、ちょぼちょぼ。排尿の終わりがわからない。
まだ出てる、ということを視覚的に確認するか、水面をたたく音で確認するのが一番。
そういう意味で、「しびん」はよいのです。

一端、尿を切る動作をしてしまうと、もう再開できない。で、残尿感に悩まされる。
膀胱からの自然落下、自然流出に任せて、最後の最後で一回だけ尿を切る動作をすればよい。
そういう意味でも「しびん」はよいのです。

あやしい評を書いてしまったなぁ。

« 美貌 | トップページ | 猫の恋 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 溲瓶:

« 美貌 | トップページ | 猫の恋 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ