« 追儺豆 | トップページ | 鍵束軽し »

2010年3月 3日 (水)

受験子

2010.3.1付 朝日俳壇より

受験子の崩れるごとく眠りけり:(下関市)藤原和三

 大串章 評:「崩れるごとく」に迫力がある。ひたすら受験勉強に励む学生の姿が思い浮かぶ。

全部かどうかは分かりませんが、まずは一校、受験してきて、どっと疲れて眠りこんだのではないでしょうか。
強い解放感を読み取りたいのですが。

« 追儺豆 | トップページ | 鍵束軽し »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受験子:

« 追儺豆 | トップページ | 鍵束軽し »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ