« 心を病み | トップページ | 車椅子 »

2010年3月23日 (火)

いびき

2010.3.22付 朝日歌壇より
寝そびれてあなたのいびきを聞いている三十年など短いものです:(彦根市)川畑としみ
 永田和宏 評:下句に実感があり私も共感。

私は38年か。
まあ、赤の他人が30年も連れ添うと雰囲気が「似て来る」というのは、どうやら本当らしいですよ。
連れの寝息に音があろうが無かろうが、空気みたいなもので、安心感をもたらすのです。
それが、夫婦というものです。
それこそ、添ってみなけりゃかわからないことでしょうね。

« 心を病み | トップページ | 車椅子 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いびき:

« 心を病み | トップページ | 車椅子 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ