« エッシャー | トップページ | 線を引く »

2010年3月17日 (水)

はるのにおい

2010.3.15付 朝日歌壇より
「しんぶんをとりにでたらはるのにおいがした」合格果たした娘が言えり:(西宮市)田中洋子

冬というのは、抑え込まれている感じがあります。冬の青空さえ、心を鬱にさせる。
寒さでいつの間にか、肩に力が入っていて、体が凝り固まっている。

受験というのは、のしかかり、抑え込まれ、力み、凝り固まるものです。
それがほどけた時、「はるのにおい」に包まれていることに気づく。
解き放たれ、広がり、自己の表面がとけてゆくようなゆるさ、ここちよさ。
みごとに「射抜いた」ことばですね。

◆全く別件ですが。
1月の末から、家の周囲で水道工事がありました。車は出せないし、工事の人の声が絶えないし、トラックのバックを知らせる「人工音声」は響くし、エンジンカッターの発電機は唸り続けるし、昼に庭へ出ても低い塀一枚向こうで昼食をとる声がするし・・・
長かったです。心理的に参りました。3月上旬でやっと終わりましたが、この1カ月余り、私は心理的に「凝り固まって」いました。
ほどけましたよ、やっと。
肩の力も抜けました。

で、外へ出てみれば

春が爆発しました

被写体の数が爆発。
花の種類が爆発。
虫の数も爆発。

春って、爆発的に立ち現われるものなのですね。
兆しはずっとあったけれど、ある日突然、春って爆発するんですね。

しあわせな気分です。
うっとりしています。

« エッシャー | トップページ | 線を引く »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はるのにおい:

« エッシャー | トップページ | 線を引く »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ