« ナガメ | トップページ | 金糸雀 »

2010年3月23日 (火)

春告魚

2010.3.22付 朝日歌壇より
コンタクトレンズの如き鱗生え春告魚来りぬ北の海より:(仙台市)武藤敏子
 高野公彦 評:春告魚(ニシンと読む)の鱗は円鱗だから、コンタクトレンズの如き、という比喩は、新奇で、かつリアル。{馬場あき子氏も選んでおられます。}

私の中では、鱗をコンタクトレンズに喩えるのは、そう新奇ではないですね。
リアルとも感じてはいない。
ただ、春、鱗の輝き、光を集めるレンズという一連の連想が、この句を説得的にしているのだと思いました。

« ナガメ | トップページ | 金糸雀 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春告魚:

« ナガメ | トップページ | 金糸雀 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ