« 海鞘(ほや) | トップページ | いななき »

2010年3月24日 (水)

今もやせてる

2010.3.22付 朝日歌壇より
見えぬ目となりし教へ子しみじみと我が肩に触る今もやせてると:(鎌ヶ谷市)久保田鶴子

とりあげたのですが、ひとこともコメントが書けません。
肩に手を置く。
先生の声、背丈、におい、肉づき、骨の感触・・・すべての感覚によって、先生を把握する。
教師というのもつらい職業です。生徒の人生と切り結ぶ。切ないことだ。
我を超えてゆけ、というのが教師の願いです。

« 海鞘(ほや) | トップページ | いななき »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今もやせてる:

« 海鞘(ほや) | トップページ | いななき »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ