« 朝寝 | トップページ | 尿瓶 »

2010年3月 3日 (水)

春耕

2010.3.1付 朝日俳壇より

春耕や未だ手放せぬ工学書:(浜松市)大城信昭

句の解釈がうまく定まりません。作者の状況がつかめない。
深読みすれば、退職して、春の農作業などにいそしめるようになったが、いまもって、現役時代の「工学書」からも離れられずにいる。ということかなぁ。

私でいえば、退職してブログ書きなどで遊ぶようになったけれど、いまだ、「教師眼」が抜けず、理数系の本ばかり読んで楽しんでいる、と。

そんなふうに読んでみましたが、ちがったらごめんなさい。

« 朝寝 | トップページ | 尿瓶 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春耕:

« 朝寝 | トップページ | 尿瓶 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ