« 何かをさがしている | トップページ | ヨイトマケ »

2010年3月 3日 (水)

無言の春

2010.3.1付 朝日歌壇より

子を生(な)して我を助けて働いて無言の春に頭撫でやる:(豊田市)永田政格

 高野公彦 評:物言わぬ妻をいたわりながら、来し方を振り返る。妻への感謝と情愛に満ちた作。

老いの坂道のきわまるあたり、あるいは、いのちの営みのきわまるあたり。
ものもいえなくなった「妻」をいとおしむ。
手のひらに髪を感じ、髪の豊かだった頃の二人の日々をよみがえらせ
おそらくは両のてのひらに、妻のほほを包み込んで、豊かなりし頃を感じとる。

いと おしい。

« 何かをさがしている | トップページ | ヨイトマケ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無言の春:

« 何かをさがしている | トップページ | ヨイトマケ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ