« 蜆汁 | トップページ | 朧 »

2010年3月24日 (水)

こつんこつん

2010.3.22付 朝日俳壇より
石舞台こつんこつんと蝶ふたつ:(東京都)長岡貝郎
 長谷川櫂 評:明日香村の石舞台。そのまわりで蝶が舞っている。巨石に当たる音がするはずもないが、聞こえるのだ。

巨石に近づいてはまた離れ、離れてはまた近づき、ひらひらと舞っていたのでしょう。
その情景の表現として「こつんこつん」という言葉を掘り出して見せた、すごい言葉の技ですね。
やわらかい飛翔、ふわふわした飛翔、それが、こつんこつん。
このギャップが、石舞台を中心に据えた春の「光景」を見事に切りだしていますね。

« 蜆汁 | トップページ | 朧 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こつんこつん:

« 蜆汁 | トップページ | 朧 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ