« 木のいっぽん | トップページ | 柩 »

2010年3月 2日 (火)

真冬日

2010.3.1付 朝日歌壇より
真冬日に手袋忘れるはずがない置いてきたんだ手をつなぐため:(名古屋市)山口朋美
 永田和宏 評:臆することなく迸る弾むような恋の思い。

ごめんなさい。いちゃもんみたいな感想になります。詞書でもあって、北海道の○○にて、というような出来事なのでしょうか。
名古屋で「真冬日」はおそらくないだろう。「真冬日」という気象用語があって、それは最高気温が0℃を超えない日のことです。気象用語として使われるものですから、気になります。
もし、気象用語としての意味を含ませていないのなら
「真冬の日手袋忘れるはずがない・・・」というほうが紛れがなくていい気がしました。

« 木のいっぽん | トップページ | 柩 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真冬日:

« 木のいっぽん | トップページ | 柩 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ