« はこべ | トップページ | いびき »

2010年3月23日 (火)

心を病み

2010.3.22付 朝日歌壇より
二十四年費やして得た教職に心を病みて薬飲む日々:(大阪市)浅生有記

かなしいことです。鬱を得られましたか。
ちょっとだけ、老人のおせっかい。
鬱は心の肥し、と受け止めてください。
鬱の深みを覗いたこともない、浅い心には、波が立ちやすい。
深い心には波は立たない。

およそ深い泉の体験は、徐々に成熟する。
何がおのれの深い底に落ちてきたかがわかるまでには、
深い泉は長いあいだ待たねばならぬ。
石を投げ込むことはやさしい。
しかし石が底まで沈んだとき、だれがそれを取り出すことができようか。
   ニーチェ「ツァラトゥストラ」(手塚富雄訳、中公文庫)

« はこべ | トップページ | いびき »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心を病み:

« はこべ | トップページ | いびき »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ