« 線を引く | トップページ | 九十二歳 »

2010年3月17日 (水)

ざざ虫漁

2010.3.15付 朝日歌壇より
打つ網も打つ手も凍る天竜にざざ虫漁の男の子が一人:(長野県)根橋京子

地元の方が詠まれた歌ですから、そのまま受け入れるしかないのですが、私の中でちょっと落ち着きが悪いんです。

ざざ虫というのがトビケラ・カワゲラなどの水生昆虫の幼虫であって、それを採って食べるということは知っています。
「漁」が行われるのも知っています。
ただ、「漁」となると「大人」のするものだと、そんな気がして。
四手網を流れの下側に構えて、鉄の棒みたいなので川底の石などひっくり返して網にとらえるのですよね。たしか。
「男の子」がするとなると、なんだかそういう本格的な漁ではなく、手で石をひっくり返して、というような気がして。でも夏じゃないからなぁ。男の子がそういう遊びをしているというのは無理だよなぁ。いや、男の子も漁をするんだろうなぁ。

すみません、すこし悩んでしまいました。

« 線を引く | トップページ | 九十二歳 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ざざ虫漁:

« 線を引く | トップページ | 九十二歳 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ