« 溲瓶 | トップページ | 春の水 »

2010年3月31日 (水)

猫の恋

2010.3.29付 朝日俳壇より
まぼろしのしつぽ追ひかけ猫の恋:(蒲郡市)牧原祐三
 長谷川櫂 評:「まぼろしのしつぽ」とは!人間の恋もこういうところがあるが、猫の恋もやはりこういうものだったか。

評が分からなくって、しばらく考え込んでいました。
「人間の恋もこういうところがあるが」と断定的に言われて、分からなくなってしまって。
「あばたもえくぼ」
恋とは、相手との相互関係というよりもむしろ、自分の側の勝手な思い込みというべきなのでしょう。そう考えて、評をなんとなくわかったような気がしてきました。
だからといって、「猫の恋もやはりこういうものだったか」というのも、わからないなぁ。

健康なオス猫はメス猫からのサインで発情します。発情したオス猫はメス猫の匂いを嗅ぎたがります。
ここかな。
「まぼろしのしつぽ追ひかけ」という行動は。

人間と対比させるのは無理があるよなぁ。

« 溲瓶 | トップページ | 春の水 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫の恋:

« 溲瓶 | トップページ | 春の水 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ