« 付け睫毛 | トップページ | かじかむ »

2010年2月 5日 (金)

春の神

2010.2.1付 朝日俳壇より
種袋振つて呼びだす春の神:(高知市)田村七里
 種袋のかすかな音。春の神よ、早く目覚めなさい。

さっさっと振ると、種が、さっさと鳴って、打ち出の小槌のごとくに、春の気配が振りだされてきます。
かわいいい芽生え、すくすくと成長、可憐な花。

虫好きは「春の女神」というとギフチョウを思い浮かべます。
残念ながら私は標本でしか見たことがありません。2月の末から3月頃に羽化するのではなかったかしら。

植物たちが動き出し、冬を越した虫たちが動き出す。
もうすぐですよ。

« 付け睫毛 | トップページ | かじかむ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の神:

« 付け睫毛 | トップページ | かじかむ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ