« 昇降機 | トップページ | 梅探訪4 »

2010年2月25日 (木)

シャワー

2010.2.22付 朝日歌壇より
髪洗うシャワーに混じり鳴り出だす老耳の奥の東京音頭:(さいたま市)吉田俊治

人は無意味に耐えられないものかもしれません。
いろんな高さの音を含んだ雑音にさらされた時、そこに意味のある音を聴き取ってしまうことがあります。
一番よくあるのは、救急車や消防車のサイレンが聞こえてくる感じ。
インターホンがなっているような感じ。
電話が鳴っているような感じ。
曲名付きで音楽が聞こえてくる感じがしたことは私にはありませんが、わかります。
なんかの拍子で、一日中あるメロディーが頭の中を回り続けている、ということはよくあることで。そんなときに、雑音をきっかけとして、またあのメロディーが回り始めた、ということはあります。

東京音頭などが頭の中で回り始めたら、きっと止まらないでしょうね。想像されます。

« 昇降機 | トップページ | 梅探訪4 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャワー:

« 昇降機 | トップページ | 梅探訪4 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ