« 春を待つ | トップページ | メダカ »

2010年2月25日 (木)

鶯餅

2010.2.22付 朝日俳壇より
鶯餅二つ並べば二人めく:(船橋市)笈川夜白

人間のパターン認識って本当に不思議なものなんですよね。
円のなかに点が二つあれば「顔」に見える。
物が二つ並ぶと「カップル」「連れ添う二人」に見える。

自動的にそう認識する自分の心。それをまた、妙に客観視する自分自身。

幼い子どもが、「ままごと」遊びなどするときの、「見立て」もその原型として実に面白いものです。人間の認識能力の仕組みを垣間見る「窓」です。
自分自身を観察してみませんか?面白いですよ。

« 春を待つ | トップページ | メダカ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶯餅:

« 春を待つ | トップページ | メダカ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ