« ユスリカ | トップページ | 焦熱地獄 »

2010年2月 8日 (月)

あの朝

2010.2.7付 朝日歌壇より
あの朝の寒さしかまだ語れない激震地よりわれ生き延びぬ:(明石市)高寺美穂子
 馬場あき子 評:阪神大震災から十五年目の感慨。生き延びた実感がしみじみ伝わる一首。

ひかえめに子の誕生日祝いつつ静かに祈る一・一七:(鳥取県)中村麗子

灯を消せば地震が怖いと泣きし友十五年経て神戸に戻る:(蓑面市)遠藤玲奈
 高野公彦 評:地震に対する恐怖心がやっと薄らいだか、故郷が懐かしくなったか、友の心の変化を優しく思いやる歌。

私に言葉はありません。何かを言えば、それは嘘になりそうで、ただ、想うのみです。

« ユスリカ | トップページ | 焦熱地獄 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの朝:

« ユスリカ | トップページ | 焦熱地獄 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ