« 月面 | トップページ | いっぱい »

2010年2月 9日 (火)

蛙のお守り

2010.2.8付 恋する大人の短歌教室 より
{応募作}
一人旅出かける朝に夫より蛙のお守り手渡されるなり:東京 小野曉子

 探検旅行にでも出るならともかく、ちょっとした旅なのに、ご主人は奥さんをひとりで送り出すのが心配でたまらない。無事に帰るように、との願いを込めて、蛙のお守りを手渡します。何とも可愛らしいではありませんか。口に出すのが照れくさいメッセージをお守りに託したご主人と、そこに感動を覚えて一首の歌に仕上げた奥さん。言わず語らずの夫婦愛が、さりげなく、しかし巧みに表現されています。
 問題は末尾ですね。口語の助動詞「れる」に文語の助動詞「なり」が続いています。文語と口語の混用は現代短歌では当たり前のことですが、密着した助動詞同士で行われると、やはり違和感を覚えずにはいられません。「なり」を省き、「れる」を連用形にして、中止法の言いさしにしてみました。音数は、助詞を「を」を加えて調整してあります。「お守り」が、二句に跨るわけですね。第一句にも、助詞「に」があったほうがよいでしょう。第三句の助詞は、「から」に替えておきました。(石井辰彦)

{添削後}
一人旅に出かける朝に夫から蛙のお守りを手渡され
------------------------------------------------------------

 またまた、元の歌をめちゃくちゃにする。
「より」を「から」にする必然性はない。「より」のほうが音が滑らかでいいですよ。
短歌はもとより、詩は声に出して読むことが基本だと思っています。目で鑑賞するものじゃない(視覚に訴える表現形式があることは知っていますが。)
 一句ずつ行分けして書いてみましょう。
応募作は

一人旅
出かける朝に
夫より
蛙のお守り
手渡されるなり

5・7・5・8・8ですね。7・7ではないけれど、歌としてのリズムは整っています。口に出して読んでいて心地よい。
では、添削後は

一人旅に
出かける朝に
夫から
蛙のお守(まも)
りを手渡され

これ、6・7・5・7・7っていうんですか?
6・7・5はリズム的に吸収できます。問題は、句跨りを含んだ7・7ですよ。
まるっきり座りが悪い。気持ち悪いなぁ。ダメ。これはいけません。
むしろ、

蛙のお守り
手渡さる

のように8・5のほうが、読んだ時の安定感はあると思いますよ。

手すさびに「句跨り」という「狂歌」をつくってみました。

坊主がな
ぎなたを振りま
わすそうな
これこそ句また
がりの楽しさ

5・7・5・7・7ですよ~。整っているでしょ。
いくら音数が整っていたって、声に出して読んで歌のリズムが壊れているようじゃ、本末転倒。音数よりも、歌全体の構成をお考えくださいませ。

もし、私の如き実作者でもない「さわがせ人」が手を入れてよければ

一人旅
出かける朝に
夫より
蛙のお守り
手渡されたり

一人旅
出かける朝に
夫より
蛙のお守り
手渡さるなり

ちょっと文法的に危ないな、コレ。
ご容赦を。

« 月面 | トップページ | いっぱい »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛙のお守り:

« 月面 | トップページ | いっぱい »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ