« 会いたいひと | トップページ | 一念発起 »

2010年2月 8日 (月)

絹ごし

2010.2.7付 朝日歌壇より
絹ごしの豆腐をそつとてのひらにのせて切るなど誰に伝へむ:(ドイツ)西田リーバウ望東子
 永田和宏 評:母から受け継ぎ、自分もしてきた動作も、もはやこの国では必要がない。その寂しさ。

私、還暦過ぎの男ですが、一応、この技は持っております。手のひらに豆腐をのせ、研いで切れ味をよくした包丁で、すっと切る。
今はねぇ、子にけがをさせてはいけない、とかいって刃物の扱いがなおざりですよね。
刃物は切れるものがいい。そういう刃物が自在に使えてこそ「手を使うサル」なんですけどねぇ。
私があんまり気合を入れて包丁を研ぐと、トマトの皮を切るときに刃がめくれる、と母が言いました。
均一に薄く研いではいけないんですね。加減がある。

技そのものよりも、「豆腐を切るという調理」のない国に生きるさびしさ、望郷の歌なのですね。

« 会いたいひと | トップページ | 一念発起 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絹ごし:

« 会いたいひと | トップページ | 一念発起 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ